iPhone(アイフォン)修理 大阪 梅田

iPhone7が重い!考えられる原因と10個の対処法 iPhone(アイフォン)修理 大阪 梅田なら大阪駅近・梅田駅近のスマホスピタル大阪にお任せ!

  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 大阪 梅田
  • オンライン予約はコチラiPhone(アイフォン)修理 大阪 梅田
  • 店舗アクセス。iPhone(アイフォン)修理 大阪 梅田
  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 大阪 梅田
  • オンライン予約はコチラiPhone(アイフォン)修理 大阪 梅田
  • 店舗アクセス。iPhone(アイフォン)修理 大阪 梅田

iPhoneお役立ち情報

マメ知識

iPhone7が重い!考えられる原因と10個の対処法

[2020.06.25] スマホスピタル大阪梅田

カテゴリー:マメ知識

iPhoneを長い間使っていると、処理が遅くなったり、動作も重くなったりしてきます。とはいえ、そろそろ買い替えようと考えていても、なかなかすぐにはできないときもありますよね。

 

今回は、iPhone7の動作が重くなる原因と、動作を軽くする方法を紹介します。

 

iPhone7が重くなる原因

まずは、iPhone7が重くなる主な原因について確認していきましょう。

 

smartphone_photo_syame_man iPhone7が重い!考えられる原因と10個の対処法

 

複数のアプリを同時に起動している

同時に複数のアプリを起動していると、スマートフォンに負荷がかかったり、処理能力が落ちて動作が遅くなったりすることがあります。

また、バックグラウンド機能によって作動しているアプリがある場合も、スマートフォンに負荷がかかる原因となります

 

バックグラウンド機能とは、画面に表示されていなくても、自動的に動いて情報を取得する機能のことです。バックグラウンドで動いているアプリが多ければ、それだけデータ通信やバッテリー消費、メモリ、情報の処理も必要になります。

 

データが容量を圧迫している

データといっても、大きく2つの種類に分けられます

 

ひとつは、写真や動画・アプリなど、自分でダウンロードや保存したさまざまなデータなどで、もうひとつは、アプリやブラウザの使用によってたまった、記憶データです。

 

閲覧したページのデータを記憶しておき、もう一度ページを読み込んだときに、読み込みをスムーズにするためにデータがたまっていきます。このデータのことを「キャッシュ」といいます。

キャッシュが蓄積されていくと、iPhoneに負担がかかり、動作が重くなる原因となってしまうでしょう。

iPhoneを使っているうちに、だんだんとデータがたまっていき、それが容量を圧迫することにつながっているのです

 

本体の劣化

古い機種の場合、最新機能や一定のスペックが必要なアプリを使うと、iPhoneが対応できずに動作が鈍くなったり、強制終了してしまったりすることがあります。

 

バッテリーの劣化

バッテリーが劣化してくると、強制シャットダウンを防ぐために、処理速度が落ちるようになっています。まずはバッテリーが劣化していないかを知るために、バッテリーの容量を確認しましょう。

 

【バッテリー容量の確認方法】

 

  1. iPhoneの「設定」を開く
  2. 「バッテリー」を選択する
  3. 「バッテリーの状態」を確認する

 

iPhoneを充電しながら使用したり充電しすぎたりすると、本体が熱を帯びて、バッテリー劣化の原因となります。

 

バッテリーの劣化が進むと最大容量も減ってしまい、「十分に充電できない」「充電しても短時間しかバッテリーがもたない」ようになってしまうでしょう。

 

iPhoneが重い!試してみたい10個の対処法

iPhoneが重いときに、自分でできる10個の対処方法について紹介します。

 

使わないアプリを削除する

アプリによっては容量の大きいものもあったり、アプリひとつずつの容量が小さくても、数が増えれば容量を圧迫したりします。

 

使わないアプリや不要になったアプリは削除するようにしましょう。

 

いつ使ったか覚えがないアプリの場合は、「前回の使用日時」を確認して、削除するかしないか決めるのもひとつの方法です。確認方法は以下になります。

 

【前回の使用日時の確認方法】

 

  1. iPhoneの「設定」を開く
  2. 「一般」を選択する
  3. 「iPhoneストレージ」をタップする

 

画面を下にスクロールしていくと、各アプリの使用日時とアプリの容量が表示されています。

 

まったく使用していないアプリや、前回から長く使っていないアプリ、その中でも、容量を大きく占めているアプリがあれば削除してみましょう。

 

写真や動画を削除する

不要になったものや保存の必要がない写真や動画は、こまめに削除するようにしましょう。

 

iPhone7以降の機種であれば、カメラの設定から「高効率」か「互換性優先」を選ぶことができます。「高効率」に設定しておくほうが、データ量を抑えて写真撮影ができます。

 

また、動画はデータ量が大きく、データ容量圧迫の原因になりやすいので、iPhone以外の場所に保存するのがおすすめです。

 

データをPCやSDカードに移したり、頻繁にデータにアクセスできるようにしたいなら、iCloudなどのクラウドサービスを利用したりすると良いでしょう。

 

写真を削除して「ゴミ箱」に入れても30日間は削除されず、データが残ったままになるので、ゴミ箱に入れたあとは、ゴミ箱までアクセスして完全に空にするようにしてください

 

Safariやアプリのキャッシュを削除する

Safariを使用したときや、アプリを使ったときにたまったキャッシュを削除してみましょう。

その際、キャッシュを削除しても、保存してあるパスワードの記憶は消えることはありません。

 

【Safariのキャッシュ削除方法】

 

  1. iPhoneの「設定」を開く
  2. 「Safari」を選択する
  3. 画面を下にスクロールして「履歴とWebサイトデータを消去」をタップする
  4. 「履歴とデータを消去」を実行する

 

キャッシュがたまっているアプリがあれば、キャッシュを削除しましょう

キャッシュの確認方法は、前述した【前回の使用日時の確認方法】を参考にしてください。

 

iPhoneストレージに表示されている各アプリをタップすると、アプリの詳細が表示されます。「書類とデータ」の項目にある数字が、そのアプリのキャッシュ量となります。

 

アプリの種類によっては、キャッシュ削除の方法がないものもあります。その場合は、アプリを削除してキャッシュを削除するしか方法がありません。

 

もしも、キャッシュがたまっているアプリがあるなら、アプリを削除して、再インストールすると良いでしょう。

 

アプリのバックグラウンド更新をオフにする

アプリは、起動したり操作したりしてなくても、自動的に動いて情報更新していることがあります。

 

アプリが自動的にデータ通信をおこなわないように、バックグラウンド更新をオフにしておきしましょう。バックグラウンド更新をオフにする方法は以下になります。

 

  1. iPhoneの「設定」を開く
  2. 「一般」を選択する
  3. 「Appのバックグラウンド更新」をタップする

 

「Appのバックグラウンド更新」の項目をオフにすれば、すべてのアプリのバックグラウンド更新がオフになります。

 

通知設定を見直す

重要度が低く必要のない通知は、通知をオフにして、iPhoneの動きを軽くしてみましょう。

とはいえ、まったく通知がこないのは不便なので、通知が欲しいアプリや機能はオンにするようにしてください。

 

視覚効果の設定を見直す

iPhoneには、画面をきれいにみせるため、動きをなめらかにするために「視覚効果」機能が搭載されています。

 

視差効果や透明度を下げて、視覚効果を減らすと、iPhoneの負荷も軽減できるでしょう。

 

【視差効果を減らす】

 

  1. iPhoneの「設定」を開く
  2. 「アクセシビリティ」を選択する
  3. 「動作」をタップする
  4. 「視差効果を減らす」をオンにする

 

「視差効果を減らす」をオンに変更すると、「クロスフェードトランジションを優先」という項目が出てくるので、こちらもオンにしておくと、より効果が期待できるでしょう。

 

【透明度を下げる】

 

  1. iPhoneの「設定」を開く
  2. 「アクセシビリティ」を選択する
  3. 「画面表示とテキストサイズ」をタップする
  4. 「透明度を下げる」をオンにする

 

iCloudとの同期を見直す

iCloudと同期しておけば、自動的にデータバックアップができるので便利です。

しかし、データバックアップをするときには、メモリを消費するため、iPhoneの動作が重くなってしまう場合もあります。

 

【iCloud同期の確認方法】

 

  1. iPhoneの「設定」を開く
  2. 画面の上にあるApple ID(ユーザー名)を選択する
  3. 「iCloud」をタップする

 

「iCloudを使用しているApp」から、アプリ別に同期をするか、しないかが選べるので、同期が必要のないものは無効に変更しておきましょう。

 

再起動する

iPhoneの再起動には、通常の再起動と強制再起動があります。

 

iPhoneが問題なく動く場合は「通常の再起動」、iPhone自体の操作もできない場合は「強制再起動」をおこなってください

 

iPhoneの初期化・復元する

ここまでの方法を試しても症状が改善されない場合は、iPhoneを初期化してみましょう。

iCloudやiTunesを使ってデータバックアップをとっておけば、復元も可能です。

 

バッテリーを交換する

バッテリーが劣化しても問題なく使用できますが、iPhoneのパフォーマンスが下がったり、バッテリーが熱を帯びてきたりすることもあります。

 

「バッテリーの劣化」の【バッテリー容量の確認方法】を試したとき、バッテリーの最大容量が80%以下になっていたらバッテリー交換を検討してみましょう。

 

まとめ

iPhone7の動作が重くなる原因として、さまざまな理由が考えられます。これまで紹介した方法を試してみて、少しでも動作が軽くなると良いですね。

 

対処法を試しても症状が改善されない場合は、専門の修理業者にiPhoneを見てもらうか、買い替えたほうが良いでしょう。

 

不要になったiPhone7を業者に買い取ってもらって、思い切って最新機種に変更するのもおすすめです。

osaka

iPhone・スマホ修理のスマホスピタル大阪梅田の詳細・アクセス

〒 530-0012
大阪市北区芝田2-1-3 梅仙堂ビル403号

営業時間 10時〜21時(定休日:なし)

電話番号 06-6136-6191

E-mail info@iphonerepair-osaka.com

オンライン予約 スマホスピタル大阪梅田 WEB予約 >>

一覧に戻る

06-6136-6191 お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 大阪 梅田

お問合わせはコチラ iPhone(アイフォン)修理 大阪 梅田

キャンペーン情報

  • ガラスフィルム無料貼り替えキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 大阪 梅田
  • 駐車場割 iPhone(アイフォン)修理 大阪 梅田
  • バッテリーの無料点検開始!! iPhone(アイフォン)修理 大阪 梅田
  • ご一緒割 iPhone(アイフォン)修理 大阪 梅田

06-6136-6191 お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 大阪 梅田

お問合わせはコチラ iPhone(アイフォン)修理 大阪 梅田

  • 修理内容一覧 iPhone(アイフォン)修理 大阪 梅田
  • 修理価格一覧 iPhone(アイフォン)修理 大阪 梅田
  • スマホスピタルグループサイト
  • ゲームホスピタル
  • アンドロイドホスピタル